社会基盤を確かな技術で応える 極東建設

水中バックホウとは

水中バックホウとは陸上の多くの整地・掘削作業に用いるバックホウをベースマシンとして、水中環境で稼動出来るように改造した機械です。水中バックホウは様々な所で紹介されていますが、当社は自社で開発、改造から、施工までを一貫して行っております。それに併せて多数の水中用アタッチメントも開発し、様々な作業に対応できる体制を整えています。

 陸上機と水中バックホウとの一番の大きな違いは、ディーゼルエンジンの代わりに水中モーター(AC440V)で動力源となる油圧ポンプを動かし、水中で動く事を可能にした事です。(その他の機械構造も水中で使用できる耐圧構造等に改造しています。)

 水中バックホウの操縦はダイバーが直接水中で行い、電源の「入・切」やケーブルの繰り出し巻取りなどは船上(陸上)に配置した支援員が行います。

 現在、水中バックホウの機械耐水深は、-50mまで施工可能で、ダイバーの目視確認により陸上バックホウと同等の精度で施工を行う事が出来ます。

水中バックホウの主な使用用途

従来人力で行っていた下記工種(潜水作業)を機械化施工で行えます。

工事チャート

水中バックホウの特徴は

①陸上バックホウと同等の水中作業が可能。

②アタッチメントを取り替えることにより多岐に渡る施工が可能。

詳細はアタッチメントの紹介を参照下さい。

水中バックホウはこの様に稼働します。

写真

水中バックホウは、右図の様に船上(陸上)に可搬式発電機、支援ユニットを配置し、動力ケーブルを介して電動モーターを駆動させ操作は潜水しが搭乗して行います。

水中バックホウは環境にも配慮しており生分解性の油脂類を使用しています。(エコマーク認定商品を使用)

作動油 : ㈱日本クエーカーケミカル
クイントルブリック888-46
日油(株):
ミルループ E32-A
グリス : 日本礦油㈱ ニッペコバイオグリース
 

水中バックホウから発展した水陸両用機械

写真

従来動力ケーブルを介して電動で動く水中バックホウに対し、動力ケーブルを用いることなく、渚部=陸上~水深-2.8mまでを別駆動源のエンジンユニットで運転できる様に改造しました。
(エンジンを外せば水中バックホウに戻り浅海部から連続した作業を1台2役で行います。)

水陸両用バックホウ 200-3型

写真

河川や陸部に特化し、ケーブルを必要としない機械です。

カタログダウンロード

NETIS登録技術

Copyright © 2014 kyokutou , ALL Rights Reserved